NSTAについて お知らせ セパタクロー 活動計画 活動記録 ゲストブック お問合わせ
セパタクロー

【セパタクローとは】

 セパタクローは日本ではまだ聞きなれない言葉ですが、東南アジアで生まれたスポーツで、 マレー語で蹴るという意味の 『セパ(sepak)』 と、 タイ語でボールを意味する 『タクロー(Takraw)』 が語源となっています。

 日本語に直訳すれば文字通り 蹴鞠 で、古来は蹴鞠に類似した競技方法だったようですが、 現在はネットを挟んでボールを蹴りあう、バレーボールのような競技スタイルが主流となっています。

試合風景
▲ セパタクローの試合風景 (写真:岩本勝暁)

【試合のみどころ】

 手を使えないセパタクローのネット際で繰り広げられるスパイクやブロックは、アクロバティックプレーの連続で迫力満点。 2m以上もの高さから打ち下ろされるスパイクは時速140km/hを超えると言われています。

迫力の空中戦
▲ ネット際でド迫力の空中戦 (写真:岩本勝暁)

NEXT
Copyright(C)2004 NSTA. All Rights Reservrd.