NSTAについて お知らせ セパタクロー 活動計画 活動記録 ゲストブック お問合わせ
セパタクロー > テクニック

【ボールコントロール】

インサイドキック
 足の内側を使用するセパタクローで1番基本となるキックです。コントロール性に優れ、 レシーブやトスを中心に多くの場面で使用されます。

インステップキック

 足の甲を使用するキックです。安定性はインサイドキックに譲るものの、スピード・パワーが魅力で、 主にアタックやサーブで使用されます。レシーブではフェイントへの対応等、とっさの場面で使用されます。

太もも(膝)

 膝〜腰までの高さのレシーブには太ももや膝の少し上の部分を使用します。 レシーブの場面以外で使用されることはほとんどありません。

ヘディング

 腰より高い位置のボールコントロールには頭を使用します。主にサーブレシーブの場面で使用される他、 時にはヘディングアタックも有効的です。
インサイドキック

ヘディング

【サーブ】

 サーブは味方の1人が投げ入れたボールをサーバーが蹴ることによって成立します。 サーバーはボールを蹴り終わるまで片足をサービスサークル内に、 他の2人は両足をクォーターサークル内に接地しておく必要があります。

インサイドサーブ(平瀬律哉選手・札幌)
平瀬律哉選手(札幌)のインサイドサーブ ▲

インサイドサーブ
 足の内側を使用するサーブでコントロール性に優れ、高い成功確率とコースで勝負します。

インステップサーブ

 足の甲を使用するサーブで高い柔軟性を必要としますが、一撃必殺のスピードでサービスエースを量産します。
インステップサーブ(田尻謙児・協会役員)

【アタック】

シザースアタック
 足をハサミのように交差する様子から名づけられたアタックで、マレーシアのお家芸とされています。 絶対的なスピードはローリングアタックに譲るものの必要十分なスピードを持ち、状況に応じたコースの打ち分け等、 柔軟な対応が可能です。
シザースアタック(寺本進・協会役員)

ローリングアタック
 サッカーのオーバーヘッドキックさながらの宙返りアタック。 しかもセパタクローではコートが硬い床の為、アタック後は蹴った足で着地してしまいます。 マレーシアの技に対抗する為にタイが開発したと言われ、見た目の派手さと破壊力に突出しています。
ローリングアタック(矢野順也・協会役員)

【ブロック】

 手を使わないセパタクローではブロックももちろん足で行います。 至近距離から放たれるアタックをレシーブするのは至難の業なので、相手の攻撃を阻止する重要な役割を担っています。 ブロック(寺本進・協会役員)

BACK NEXT

Copyright(C)2004 NSTA. All Rights Reservrd.